2018/05/16

文庫本

この前に書いたような....まあもう一度書く。

これからの時代、今のところを見れば
紙本雑誌はなくなる、でも紙本単行本が存在する
電子書籍は紙本単行本を完全に乗り換えることはないぽい。

ではここが問題。
紙本雑誌はなくなる、紙本単行本が残る。
じゃどうするんだ、漫画は?

俺の考えの1つは
”連載がなくなる分、書き下ろしが増える。
単行本は今より手軽く出るようになる”
という可能性がある。

文庫本という形で
今まで漫画と比べて描き込むはしない
ページ数も少ない(もしかして120ページくらい
値段もやや安くて350円くらいで売れば....


みたいの話になるかもしれない。
乱暴で言えば質より量を強調するのやり方。

質が低い漫画ならネットが溢れてる、と言うかもしれないが
ネットの漫画はショート漫画が超強いだから
ストーリー漫画はやっぱり他の
何かがの形で作らないといけないと思います。

まあある意味昔の”赤本”みたい感じかな。
赤本って確かに大体60ページだけ。

しかしスタイルはそうそう予想できないよね。
スマホをできるまで
縦スクロール漫画なんて流行ると思えないので....

0 件のコメント:

コメントを投稿