2019/08/21

君の作品を読みたい

デビュー連載の半年前に
編集長に言われた
『君の作品がほしい、雑誌を作るから来てくれない?』

あれから10年間、出版社が限界まで連載続けてくれた。
いろいろが大変な10年だけど、とても良い連載だった。

そして前に編集をやった別の出版社に
俺は原作として連載のネームを提出しました。
連載会議にざんざん、たくさん問題点に言われた。

その時に、俺が一番感じたのは
『あ、ここは俺の作品をいらないんだ.....』

自分の作品がいらない編集部では
いくら粘っても改善しても、無理なんだ。

そしていくつ出版社と接触した感じもそういう感じ。

最初1回目の
『こっちは、君の作品がほしい。君だけしか描けないの話を描いて』

みたい言ってくれる人はあれ以来から二度と現れなかった。
まあ、15年前の時点でもああいうのは
めったないチャンスがわかる。

描ける範囲は割とニッチだから
採用してくれる出版社は少ないだからね。
今の児童誌だって、運よくの方なんだ。


それでも、もう一度そんなの人と出会えたいなぁ。

『君の作品を読みたい』を言ってくれる、作り手の編集さん。

ヒットしなくてもいいんだ。
細々にもう1つ10年を描いて、ひっそりに生きたい。

2019/08/20

脳みそ

今日は午後にマッサージ
午前は下書きを書く。

昼の時にペペロンチーノを食べて
その辛さでちょっと動悸と目眩が起こった

ほう、これもか....ある意味これは
『刺激に対してアレルギー』みたい感じだな。
別のそんなに辛いわけじゃないし
昔ならこれくらい平気はずだ。

まあこういう意味では、そこまで
『体に悪いことをしたら目眩と動悸が起こる』
わけじゃなさそうで、かえってちょっと安心した。

夜に漫画家の知り合い(前の担当作家)が来て
日本のコミカライズ連載を勝ち取ったらしい。
彼が日本語ができなくて対策を
いろいろを話し合いました。

彼との会話は相変わらず脳みそを消費する
脳はフル回転しないといけない会話は続けて
3時間を話して家に戻って下書きを再開したら
あら引いてる線がガクガクしている。手が軽くブルブル。
脳は疲れる状態だこれ。

進度的に2時間ほど足りなかったけど、まあ仕方なく
今日の仕事はここまで。

良い大人と悪い大人

https://yotsutsuji.hatenablog.com/entry/2019/08/09/114154

ドラクエの映画のラストは、いろいろ悪評。

ラスボスは『大人になれ、ゲームは虚構だ。』
というセリフを吐いたらしい。

大人になりたくない。という話をざんざん言う人たち。

https://twitter.com/denran1031/status/1163051625700679680
そして、『休みを無駄にしてしまう人』という漫画。

あのさ、大人になれない子供はいないと思う。
居るのは『ダメになっちゃた大人』。

なんかいろいろを考えさせました。

なんか割と『ゲームをしてる自分は肯定されたい』
という声があるけど、
なんかすごく微妙な気持ちなんだ。

もちろん否定されたくないけど、
ゲームをするのは肯定する
という姿勢もすごくおかしいと思う。

ゲームということは1つ条件が必要
それは『自発的』。

つまり腹減ったら食事、腹痛くならウンコ。
そんな行為自体は褒める必要がない。

遊びたいだから、自然にゲームをする。
それだけの話なんだよ。

遊びたくないなら遊ばなくていい。
俺の場合はそうになった。

なんで昔に大人になるとゲームをしなくなる
それは多分、その時代のゲームの内容は
大人に魅力がないだから。

今のゲームは大人でも夢中になるようにデザインされてる
だから前よりずっとゲーマーが居た。
だから巨大な市場が形成した。

だから、一部のダメな大人たちは
ゲームの『正当性』が欲しくなる。

でも、ゲームは全て娯楽と嗜好品と同じ
度を超えたら体に悪い。

人がよりハマりやすくようになるゲームを作るのが
ゲーム製作者の夢かもしれない。

でもソシャゲーのガチャような悪質なシステムまで現れて
依存になりやすいように作りのは、作り手の問題。

そして『うまく遊んでる』かどうかも、人の次第。
その漫画の場合は
1つは本当に疲れるだから遊ぶより休憩の方が必要
あるいは単なる遊び下手だけだ。
大人になっても大人の遊び方をできないだけ。

大人とか子供とかの問題じゃない。

良いか悪いかの問題だよ。


お前ら、良い大人になれよ。

タイトルなし

今日は普通に作画を進めてる。
多分6時間?

朝4時起きって、8時二度寝、午後1時起きて
母さんとデパートに行って。
それ以外の時間は下書き。
一気に進み。今日に来てようやく正常なペース。

これでカットあと20枚。これなら明日に終わると思う。

デパートに人混みに居たらなんか目眩がひどくなる。
でも外に出たら元通り。なんだろうこれ。

ちゃんと6時間を描けばまあまあそこそこ量になりますね。
明日もうまくいけるといいな。

2019/08/18

日曜日

朝から6時から12時寝て
午後は調子がすごく疲れるので
さらに2時から5時まで寝ました。

それから少し絵を描いてたが
正直今日の調子が悪くてこれ以上は難しい。

今日は眩暈....頭痛もあるし
さらにだるさで筆が進めない。

まあ日曜日だから、それくらいしとけ。
休みましょう。

はあ。

理解と否定

打たれ弱いのは遺伝かも

最近の睡眠は4X2パターンになりやすくて
夜中が起きて仕方なく仕事しようとしたが

母さんがしつこく叱ってくる。
なんで徹夜なんてしてちゃんと夜に寝ないんだって。

説明しても理解してくれない
俺が寝ないが悪い所をざんざん文句を。

なんだがだいたい『否定から入る』のタイプだ母さんは。
本当に言葉がいちいち苦しい。

そしたら昼に起きたら機嫌悪いのが続く
何を言っても理由をつけて怒る。

もうなんだが、眩暈と動悸が....
嫌だなこりゃ。
 

昔に、バスの事故を思い出す
10年以上のことだっけ
バスが緊急停止の時に俺が転んで軽く脳震盪した
救急車が来る時にとにかく家族に連絡すると、

電話をとった母さんはすごくパニックして泣いた
俺が電話通じて母さんを慰めないといけない。

その時にこう思いました
『ケガしたのはこっちなんだよ、
こっちに気を使って安心させることはできないのか...』

......基本的にこういうパターンは時々あった。

言い方はなんだが、
引きこもりの気持ちは少しわかった気がする。

自分はすごく辛い時に
どんなの説明しても、親が理解てくれない
ただひたすらに子供を責める、追い詰める。

そりゃ、子供は部屋に閉じこもりたくなる。

相手の理解を。
こんな普通のことでも、何歳になっても一生にかけても、
できない親だってたくさんいたよな。


いや強いて言えば理解はしなくても別に構わないかも
理解だけなら父さんもそんな感じだった
でも父さんは俺に絶対自分の希望をこっちに押し付けない。
相手に強要しないのが重要。

母さんの子供への支配欲が強すぎるから。
いちいち、息苦しい。

下書き続く

普通に6時間を描いた
これでやっと下書きは半分くらい....多いなこれ

今月体調は普通の方なので普通に進めますね。

そろそろ龍居の10話ネームを描きたいけど
その前に小説挿絵の下書きを全部完成させたいな。
でもあと2日かかりそう....

どちらで言えば、今回の挿絵がテンション高くない。
まあ多分内容と関係ない。
それほど絵を描きたくない時だってある。

それでも書き進める。
楽しく描けるのはもちろんいいが
そうでもない時だって普通に描くのが仕事。

でもさ体調は平気なのに仕事テンション低いのは
勿体ないよな。

2019/08/16

本が来た

朝に2時間半くらい下書きを描いた。

そして午後、アマゾンで買った本が来た。
嬉しくて仕事を置いて読んでいきました。(え

先回の本は勉強寄りの本で正直読んでもあんまり楽しくない
今回の本は趣味優先なのでどれも楽しく読めそう。

そして持ってる日本円を銀行に振り込む。
あれ、外貨預金口座なのに手数料を払う必要なのか...
うーん....じゃ素直に台湾ドルに変わる方がいいよな。

まあ、手元に少し日本円を持ってるのがいい。
これからほぼ1年2回くらい日本に行くからな。

編集の仕事をやめてフリーランスになって9ヶ月。
貯金は増えてる。
しかも多分編集の時より早い。

ちょっと安心しました...
同人を取り込むのがリスクがあるからな。
そこまで儲けてる訳じゃないけど
願念の漫画に全て時間を使って
ちゃんと同じレベル収入をもらえるのがありがたい。

これからもうまくいけますように。

2019/08/15

普通に微妙に進む

レイアウトデザイン完成
今日は下書き開始。

うお、小説の挿絵くせにこの量ひどい。
カット数は、80くらいあるじゃないか....
漫画で計算すれば、
これ普通に25ページオーバーじゃ....


描ききれるかどうか分からなくなる。
大丈夫かな。

ある程度に仕上げを手抜きしないとマジで間に合わないかも。

微妙レベル体調。5時間の仕事。微妙に少なさ。

なんか今日は少し手抜きしたい気分。

2019/08/14

羅針盤


ワールドトリガー84、85話に関して
話作りに非常に勉強になりました。

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4067856
三雲修に関して
『修は薄闇にある灯火』という評価があります。

なるほどと思いました。
三雲修は別に力もないし、知恵もそこまでないし、
勇気も別にそこまで....なんで主人公になれるだろう。

そして、なんでこのタイミングでこんな話を見せるだろう。
別にこの記者会見をやらずに
そのままランク戦に行けばいいじゃないかと。

連載当時に、作者の真意はわかりませんでした。


でも
三雲修のことを『羅盤針』として見れば
色んなことが掘り浮きになる。

三雲修は『正しい目指す方向』を知っている。
しかし、あくまでも方向を知ってるだけ
目的地まで行ける道は、彼がわからない。

なので途中は必ず道を迷う。
力も足りないから、失敗はたくさんする。

それでも、羅盤針は必ず『北』に指す。

三雲修の決め台詞は『僕はそうすべきと思うから』。
彼はいつも『向かってる方向』に進めてる

例えば死んでも、羅盤針は必ず『北』に指すこと

それは役目だから。
情勢によって目指す方向を変わる羅盤針のは失格です。


そして、作者はサブテキストを使うのがすごく上手いから
多分頭がすごく良いので

ストーリーが良い荒川弘でも
基本的にそこまでサブテキストを強調しない
『伝いたいことを、ちゃんとしっかり述べる』タイプ


でも葦原大介は違うタイプ

この記者会見では
それぞれ『立場』の人が居る、
みんなそれぞれの『前提』で発言する。

それぞれの『前提』はハッキリ示せずに会話は進めてる。
大抵現実と同じにてる情報量で見せている。

だから、それはどういう意味を自分で考えないといけない。
作者はちゃんとヒントを与えてる
それでも、ちゃんと思考しないと答えを辿り付けない。

俺は連載当時に完全に理解できなかった。
でも今はちょっと分かってきた。

相手言ってる言葉表面的にだけ考えず
その言葉の後ろに隠れてる前提を理解して
そして自分が述べるべき、
確立すべき論点をしっかり立たせることは大切なんだ。

この話運びテクニックは、すごくためになりました。
いえ、話運びだけではなく、作者は実際現実に
こういう思考してると思う。

あーだから彼が頭が良いんだ。

思考は、『深く』。
言葉自体ではなく、表向きの言葉になってない本質を捕る。

こういう思考はこういうものなのか....
本当に深く考えさせました。


もし三雲修は平均的な頭で思考してる
『人を救うべき』だけしか言えないなら
作者の話作り的に
記者達の『私たちは君に責任転換したい』という『立場』に
対応できなかった。

羅盤針は『正しい方向』の意思を見せるから
人々を、流れを変わる可能性がある。
それだけで十分にヒーローになる。

そういう精神を込めて、
そしてああいう話作りのテクニックで
作者はこの2話をクライマックスとして描きました。


俺もこういう風で思考できるようになりたい。

2019/08/13

ねむい

最近睡眠時間が長くなってる感じ

午後2時起きてマーサッジに行って
午後はレイアウトデザイン続くか
3時間で疲れなってきた。

うーんこんなじゃまともな仕事にならなさそうで
薬を飲みました。

明日は上手くやれるといいな。

編集モード

さて、今日は2時間くらいこのカラー1枚を描いて
気分転換して、午後から次の本の準備。

今回の本は特殊なので
レイアウトデザインの手間は多くて
基本的に3日間くらい編集モードの仕事。

4時間くらいレイアウトデザインをやって
ちょっと雑務もやって
合わせて今日の7時間仕事。

体調は特に問題なし。違和感レベルなら。

沖縄に行かない分、時間の余裕はちょっとだけ出てきました。
でも、よく考えたらあっという間に13日になったぞ。

この数日に割と普通に仕事していた俺は一体...

うーん、 
正直体調はそろそろ崩しところがくると思うので...
いくら仕事したいでもこんな調子じゃなぁ....

本当に編集バイトを頼んだのはよかった。
それでもやることが多いなぁ....

なんだろう。この少しの違和感。

体調ではなく、描いても仕事を処理しても
進めてる実感がないの感覚は....

1つ1つ仕事はちゃんとこなしているはずなのに
なにこの達成感の無さは....



日記の記録を見て、うーん...
ちゃんと仕事してるはずだけどなんか違和感。

『思ったより遅い』の感じ拭き切れないなぁ。